政治経済

中国の訪台個人観光客、1日平均は100人に減少

中国が8月に実施した旅行制限措置の影響により
11月の中国からの訪台個人旅行者は1日平均100名まで減少し、
過去10年で最低の記録となりました。
既に発行済みの渡航許可は来年1月末で期限切れとなるため、
2月以降の個人旅行客はゼロになる見通しです。

また、個人旅行者と団体旅行者を合計した全体の旅行者数は3万6,000人と
制限措置が実施される前のおよそ9分の1まで減少しており、
中国人旅行者の減少は来年5月20日の台湾総統就任演説まで続くと予想されています。

【カテゴリ】政治経済
【タグ】
  • メルマガ簡単登録はこちら!