災害運輸

桃園空港、在宅検疫の対象者専用タクシーに大行列

3月19日より全ての台湾入境者は14日間の在宅検疫が必須となり、
期間中は公共交通機関の利用が禁止となったことで、
桃園空港では在宅検疫対象者用の専用タクシーを待つ100メートル以上の行列ができました。

桃園空港によると、約300台の専用タクシーが対象者の輸送をしていますが、
人が多い時間帯の場合は1時間以上待つ場合があります。

【カテゴリ】災害運輸
【タグ】
  • メルマガ簡単登録はこちら!