災害運輸

高雄メトロ、サーモグラフィーと連動した自動改札機を設置

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、
高雄メトロは4月6日より一部駅にてサーモグラフィーと連動した自動改札機を設置しました。

現在の設置駅はレッドラインの生態園区駅(R15)のみで、
サーモグラフィーが体温37.5度以上の利用客を探知した場合、
改札機のゲートが開かなくなる他、改札機の画面に駅員に問い合わせる旨の指示が表示されます。

高雄メトロの公式サイトはこちら

【カテゴリ】災害運輸
【タグ】
  • メルマガ簡単登録はこちら!