災害

高リスク群への感染予防策、入境者の在宅検疫を防疫ホテルで

台湾中央流行疫情指揮センターは5月2日、
台湾入境者が在宅検疫中に同居の家族に感染させるリスクを減らすため
65歳以上の高齢者、6歳以下の子供または基礎疾患を持つ人と台湾で同居している場合、
5月4日以降は入境後14日間の「在宅検疫」は台湾の防疫ホテルでしてもらう事を決定しました。

台湾入境の際に不実の申告をした場合、最高で15万台湾ドル(約54万円)の罰金が科されます。

【カテゴリ】災害
【タグ】
  • メルマガ簡単登録はこちら!