ビジネス関係者の訪台の許可を検討

12日、中央感染症指揮センター(新型肺炎対策本部に相当)の定例会議で
「感染拡大が落ち着いた国・地域についてビジネス上の往来から試験的に開放すべきだ」と主張した。
また、台湾入国後の外出制限「居家検疫」についても従来の14日間から短縮する事も検討したいとの見解を示している。
現時点では検討段階の為、正式に訪台の許可は出してはいない。

【カテゴリ】NEWS
【タグ】
  • メルマガ簡単登録はこちら!