ホテル

在宅検疫対象者が一般ホテルに宿泊、市は利用客の混在解決を要求

台北市の黄珊珊副市長は17日、入境後に求められる14日間の外出制限「在宅検疫」の対象客が
感染対策が強化された「防疫ホテル」ではない通常のホテルに宿泊している事を発表しました。

黄副市長はホテル内での一般客と「在宅検疫」対象客の混在は感染対策の抜け穴となるとし、
中央政府に対し「在宅検疫」の対象客は通常ホテルの宿泊を禁止するよう求め、
8月21日までに混在を解決しないホテルは施設名を公表し、補助資格を取り消すと述べました。

【カテゴリ】ホテル
【タグ】
  • メルマガ簡単登録はこちら!