災害疫情

12月よりすべての入国・乗り継ぎに「陰性証明」の提出が必要

中央流行疫情指揮センターは11月18日の定例記者会見で、新型コロナウィルスの対策として秋冬防疫プロジェクト(秋冬防疫専案) を発表しました。このプロジェクトにより台湾での域内感染の発生リスクを回避するのが目的です。 

プロジェクト適用期間:2020年12月1日~2021年2月28日 (出発地の標準時間)

プロジェクト三大概要:

1、国境検疫対策 

すべての入国・乗り継ぎ客に対して、3営業日以内に発行された新型コロナウイルスに関する核酸検査「陰性証明」の提出が必要。証明書が事実と違っていた事が判明した場合や検疫措置を拒否、回避、妨害した場合は,10,000~150,000台湾元(約37,000~550,000円)の罰金が科され、また文書偽造の罪に問われることがあります。

2、地域防疫対策

8大箇所でのマスク着用を義務。違反者は罰金が科される。

8大箇所:医療機関、公共交通機関、商業施設、教育学習場、映画館と運動施設、娯楽場、宗教活動の場、行政機関などの窓口

3、医療対策

通報の徹底と検査強化、奨励指数の制定

中央流行疫情指揮センター(中国語、英語)
https://www.cdc.gov.tw/

【カテゴリ】NEWS災害疫情
【タグ】
  • メルマガ簡単登録はこちら!