疫情

桃園の院内感染、一部感染経路不明のため約5千名に外出制限

中央流行疫情指揮センターは01月24日、
クラスター感染が発生した桃園市の病院内で新たに感染経路が不明な感染者が確認されたため、
01月06~19日に同病院を退院した全ての患者及び付添者と患者達と同居している家族約5,000名を
14日間の外出制限「居家隔離」の対象とする事を発表しました。


中央流行疫情指揮センター公式サイト(中国語、英語)
https://www.cdc.gov.tw/

【カテゴリ】疫情
【タグ】
  • メルマガ簡単登録はこちら!