運輸

中華航空・エバー航空、IATAトラベルパスを試験導入

中華航空(チャイナエアライン)と長栄航空(エバー航空)は8月17日、国際航空運送協会(IATA)が開発したデジタル証明書アプリ「IATAトラベルパス」を今月末から試験導入すると発表しました。

中華航空はロサンゼルス、オンタリオ、サンフランシスコ、ニューヨーク、カナダ・バンクーバー、フランクフルト、ロンドン、シンガポールの8路線で導入します。
エバー航空はパリ線で導入します。

IATAトラベルパスは、新型コロナウイルスPCR検査やワクチン接種に関する政府の要件に従い、旅行を安全に管理できるようにするモバイルアプリです。
すでに航空会社70社以上が導入しています。

中華航空(チャイナエアライン)
https://www.china-airlines.com/jp/jp#
長栄航空(エバー航空)
https://www.evaair.com/ja-jp/index.html

【カテゴリ】NEWS運輸
【タグ】
  • メルマガ簡単登録はこちら!