レストラン施設

接待を伴う八大産業、条件付きで営業再開

中央流行疫情指揮センターは11月11日、台湾全域の防疫レベル第2級の期間を、16日から29日までも継続すると発表しました。

また、16日から、八大産業、カラオケ業、ダンスホール業、ナイトクラブ業、バー業など、接待を伴う店舗でも、「実聯制」と検温の実施、従業員が新型コロナ感染症ワクチンの1回目の接種し、14日間経過していることなどの条件付きで、営業再開を認めると発表しました。
利用客も、ワクチン接種後から14日経過を証明する接種証明を所持する必要があります。

中央流行疫情指揮センター(中国語、英語)
https://www.cdc.gov.tw/

【カテゴリ】レストラン施設
【タグ】
  • メルマガ簡単登録はこちら!