政治経済疫情

台湾のデジタルワクチン証明書、EUが承認

欧洲経貿弁事処(EETO)は12月21日、欧州連合(EU)が台湾の新型コロナウイルス感染症のデジタルワクチン接種証明書を承認し、22日から効力が発生することを明らかにしました。

中央流行疫情指揮センターの陳時中・指揮官は22日、デジタルワクチン接種証明書は来週発表予定で、市民が申請し、使用できるようにすると説明しました。
外交部は、台湾のデジタルワクチン接種証明書は、国籍に関係なく、台湾に居住する人なら誰にでも発行されると補足説明しました。

【カテゴリ】政治経済疫情
【タグ】
  • メルマガ簡単登録はこちら!