政治経済運輸

高雄市、小田急電鉄と覚書

高雄市政府交通局は4月19日、オンライン方式で小田急電鉄と次世代モビリティサービス「MaaS」に関する協力に向けた覚書を締結しました。
MaaSは、鉄道やバス、シェアサイクルなど複数の交通手段を連携させ、観光促進を目指します。

高雄市では2018年に「MeNGo」、小田急電鉄では2019年に「EMot」をリリースしました。
2020年から小田急電鉄は高雄市とオンライン会議を通して、MaaSに関する経験や知見を共有していました。

【カテゴリ】政治経済運輸
【タグ】
  • メルマガ簡単登録はこちら!