ホテル

北投の旧星の湯、温泉マンションに建て替えへ

台北市の北投温泉で築100年を超え、2008年に廃業となった老舗旅館「逸邨大飯店」(旧星の湯)が、4月に危険老朽建築物に認定され、温泉付きマンションに建て替えられることになりました。
土地所有者である麗宝集団は9日、総戸数は140戸で、1戸当たり約20坪を計画していると明らかにしました。

【カテゴリ】ホテル
【タグ】
  • メルマガ簡単登録はこちら!