施設

台北MRT環状線、「2023年にも開通」

台北市交通システム(MRT)の新路線として計画されている「環状線」について台北市政府捷運工程局は10月24日、早ければ2023年に開通できるとの見通しを示した。これが実現すれば台北市西側の外周を取り囲むように同市および新北市の7行政区を結ぶ路線が登場することになり、市民の交通の便が大きく向上すると期待されています。
  なお環状線が開通すれば、淡水-板橋間(士林駅で環状線に乗り換え)や、現在直線距離では近いもののMRT利用の場合は大回りする必要のある内湖-士林間で大幅な時間短縮が期待できるということです。

【カテゴリ】NEWS施設
【タグ】
  • メルマガ簡単登録はこちら!