疫情

フィジーとラオスが中低リスク国に引き下げ

中央流行疫情指揮センターは04月28日、
フィジーとラオスで現在、新型コロナウイルス感染が広がっているため、低リスク国から中低リスク国へと指定を変更しました。

今回の変更により、フィジーとラオスから台湾に入境する短期ビジネス客は隔離期間の短縮申請をする事は可能ですが、従来の5日間から7日間へと延長されることになります。

中央流行疫情指揮センター(中国語、英語)
https://www.cdc.gov.tw/

【カテゴリ】NEWS疫情
【タグ】
  • メルマガ簡単登録はこちら!