イベント

東京五輪、台湾選手66人が18競技に

東京五輪に出場する台湾選手団への団旗授与式は7月12日、高雄市にある国家運動訓練中心(トレーニングセンター)で開かれました。
台湾からは選手66人が18競技に出場します。
新型コロナウイルスのの感染拡大防止するため、大部分の選手はオンライン方式で参加し、蔡英文総統から「ウイルスに打ち勝つ決意を示し、集団の闘志を呼び起こす五輪になることを願う」と述べました。
出場競技は、ウエイトリフティング、陸上、アーチェリー、卓球、体操、バドミントン、射撃、ボクシング、テコンドー、競泳、ゴルフ、柔道、テニス、空手、自転車、馬術、ボート、カヌー。
陸上と空手の代表選手を除き、代表団は19日に東京に向けて出発します。

【カテゴリ】NEWSイベント
【タグ】
  • メルマガ簡単登録はこちら!