top of page

「台湾のウユニ塩湖」こと高美湿地、灯台敷地内に宿泊施設

台湾中部の台中市清水区にあり「台湾のウユニ塩湖」とも呼ばれる高美湿地で4月12日、台湾で初となる灯台敷地内の宿泊施設「高美燈塔園区」がオープンしました。約6坪の2人部屋、約12坪の4人部屋など、全7部屋の客室を備え、宿泊料金は1室2,000台湾元(約9,500円)から。室内は、灯台の歴史的建物としての特色を残した内装となっており、施設内には宿泊者同士が交流できる共有スペースも設置されています。

関連記事

屏東県、日本統治時代に建設の郵便局の修復を開始

台湾南部の屏東県で日本統治時代の1930年代後半に建設された郵便局「里港郵便局」が修復されることとなり、5月18日に起工式がおこなわれました。郵便局は1979年まで使用され、2015年に県政府により歴史建築に登録されました。3,000万台湾元(約1億5,000万円)以上をかけて修復され、早ければ来年末に完工予定です。修復後は展示スペースや飲食店としての活用が計画されています。

台北ドーム併設そごう百貨、飲食店エリアが30日に先行オープン

台北大巨蛋(台北ドーム)併設の遠東そごう百貨のショッピングセンター「遠東Garden City」が、5月30日に飲食店エリアを先行オープンすると発表しました。「遠東Garden City」は売り場面積3万6,000坪、台北市の中心地で最大のショッピングセンターとなります。 飲食店エリアは1,300坪のフロアに、14店舗(全1,422席)が出店します。航空会社スターラックスエアラインズと焼肉チェーン

長野県池の平ホテル、台湾のリゾートホテルと友好交流協定

天成飯店グループ傘下の瑞穗天合國際觀光酒店(グランドコスモスリゾート瑞穂花蓮)と長野県の池の平ホテル&リゾーツが5月14日、友好交流の協定を締結しました。今後両ホテルは交流を通じて知名度の向上、また施設だけではなく地域の観光発展の促進を目指します。 今回の友好交流協定は、彰化県の田中駅と信濃鉄道の田中駅が姉妹駅を締結したことがきっかけとなりました。グランドコスモスリゾート瑞穂花蓮は2万坪の敷地に観

Comments


bottom of page