top of page

「台湾本フェア」、紀伊国屋書店の全国30店舗以上で開催

紀伊国屋書店の全国30店舗以上で、台湾関連書籍を集めたブックフェア「おすすめ台湾本フェア」が開催されています。また、紀伊国屋書店新宿本店にて9月6日、「台湾本フェア」の開会式が行われ、台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表、日華議員懇談会の古屋圭司衆議院議員、自民党青年局局長代理の藤原崇衆議院議員、紀伊国屋書店の高井昌史会長、日本を拠点に活動する台湾人漫画家の高妍さん、台北駐日経済文化代表処台湾文化センターの王淑芳主任が参加しました。


新刊を中心としたおすすめの台湾関連書籍50冊を紹介し、書店スタッフや出版関係者らのコメントを掲載した冊子「おすすめ台湾本」を、日本全国の店舗で無料配布しています。

関連記事

金門からアモイへ、遠泳リレー大会開催

台湾の離島・金門から対岸の中国福建省アモイ市までの約7キロメートルを2人でリレー形式で横断する大会「金厦泳渡接力公開賽」が、7月21日に開催されました。奇数回はアモイ、偶数回は金門がスタート地点となり、第12回目となる今回は「小金門」と呼ばれる烈嶼郷からスタートしました。大会には100組200名の選手が参加、また福建省やアモイ市から当局、旅行、スポーツ業界の関係者など174名が出席しました。

岳明国民中小学の帆船で台湾一周プロジェクト、澎湖に到着

宜蘭県立岳明国民中小学(小中一貫校)が企画した大型帆船「光腳号」と「阿莫号」の2艘でリレー方式で台湾を一周するプロジェクトが台湾本島の西側に位置する離島の澎湖諸島へ到着し、7月17,18日に現地の小学校6校の生徒らと合流して教育交流をおこないました。生徒らは帆船で望安島や七美島などの離島を訪れ、航海をしながら海の生態系や海洋ゴミの問題について理解を深めました。 7月5日に宜蘭県の蘇澳港を出発した一

総統府音楽会で訪台の沖縄県立西原高校マーチングバンド部、頼総統と面会

7月20日に台北市で開催される「2024総統府音楽会」に出演する為に訪台した沖縄県立西原高校マーチングバンド部が7月18日、総統府を訪れ頼清徳総統と面会しました。沖縄県立西原高校マーチングバンド部は昨年、日本の「マーチングバンド全国大会」で金賞を獲得したほか、2022年にオランダで開かれた「世界音楽コンクール」のショー部門で優勝したマーチングバンドの強豪校です。頼総統は沖縄県立西原高校マーチングバ

Comments


bottom of page