top of page

「台湾漫遊鉄道のふたり」日本翻訳大賞を受賞

台湾の小説家、楊双子さんの作品「台湾漫遊録」を三浦裕子さんが翻訳した「台湾漫遊鉄道のふたり」が5月19日、日本翻訳大賞を受賞しました。台湾作品が受賞するのは初めてのこと。作者の「楊双子」は双子の姉妹の楊若慈さんと楊若暉さんの共同のペンネーム。 楊双子さんは、今回の受賞は完全に三浦裕子さんに対する賞であるとし、非常にうれしいと感想を述べました。


「台湾漫遊録」は2020年4月に出版され、日本語版は2023年4月に出版されました。1938年の台湾を舞台に、台湾人と日本人の女性が二人で鉄道旅行をし、各章のタイトルとなっている台湾グルメを味わいながら仲を深めていくストーリーとなっています。

関連記事

端午節の「立蛋」、屏東県でスイカ立て挑戦

台湾や香港の風習で、端午節である旧暦5月5日の正午に生卵を地面に立てる「立蛋」という風習があります。今年の旧暦5月5日にあたる6月10日、スイカ苗の産地である屏東県佳冬郷で「立蛋」の卵の代わりにスイカ立てるイベントが4年ぶりに開催され、800個のスイカが車両通行止めされた道路に立てられました。 このスイカを立てる挑戦は2018年に139個から始まり、2019年には520個に拡大、2020年には台北

台南市、札幌市のYOSAKOI祭りでマンゴーをPR

北海道札幌市で6月5日から9日にかけての5日間「YOSAKOIソーラン祭り」が開催され、台南市がブースを出店、台南応用科技大学ダンス学科のチームがパフォーマンスに参加しました。33回目となる今回のイベントには、250以上のチーム、約2万人の踊り手が参加し、大賞のチームには台南市からマンゴー1年分が贈られました。 6月8日には台南市の黄偉哲市長も会場に訪れ、台南産マンゴーをPRしました。ブースではマ

台南市ドラゴンボートレース開催、97チームがエントリー

2024台南國際龍舟錦標賽(台南国際ドラゴンボートレース)が、6月6日から10日の端午節の連休に開催されました。台南市のドラゴンボートレースは台湾で最も古くからある大会で、300年以上続いています。今年は97チーム、2,212人の選手がエントリーしました。初日6日の午後6時からは、レースの無事を祈祷する祭江儀式がおこなわれ、その後、「即將成真火舞團」によるファイヤーパフォーマンスで会場は盛り上がり

Kommentit


bottom of page