top of page

「夜を明かしやすい空港」 桃園が世界10位に

「夜を明かしやすい空港」 桃園が世界10位に

空港で夜の明かし方を案内するウェブサイト「The Guide to Sleeping in Airports」のランキングで、 桃園空港が総合ランキングで世界4位、「夜を明かしやすい空港」ランキングで世界10位に選ばれた。

<総合ランキング>

1位 SIN チャンギ空港(シンガポール) 2位 ICN 仁川空港(韓国) 3位 HND 羽田空港(日本)

http://www.sleepinginairports.net/2015/best-airports-world.htm

<夜を明かしやすい空港ランキング>

1位 SIN チャンギ空港(シンガポール) 2位 ICN 仁川空港(韓国) 3位 HEL ヘルシンキ空港(フィンランド)

http://www.sleepinginairports.net/2015/best-airports-sleeping.htm

#桃園空港

関連記事

桃園空港は1月18日、日本への入国審査を同空港で実施する事前審査を試験導入しました。 期間は31日までです。 対象便となるのは、チャイナエアライン(中華航空)のCI178便高松行き、CI116便福岡行き、CI112便広島行き、エバー航空(長栄航空)のBR118便仙台行き、BR116便札幌行き、日本航空(JAL)のJL814便関西行きで、滞在日数90日以内の旅行者です。 事前審査の希望者は、チェック

1月17日、台中に「三井ショッピングパーク ららぽーと台中」南館がプレオープンした。 台湾鉄路台中駅の近くで台湾1号店となる。 初日は開店前から来店客の車で渋滞し、午前11時のオープン時には3,000人以上が押し寄せた。 グランドオープン後は南北館合わせてテナントが300店以上になる予定。

台湾の自動出入国審査システム(e-Gate)は、この度、事前登録と出入国審査の機能が一緒になったことで、有人カウンターで事前登録を行う必要がなくなった。 満12歳以上、身長140㎝以上の台湾人(中華民国旅券所持者)や居留証を所持する外国人であれば、顔認証と指紋認証を行えば、登録と出入国審査が一度に出来ることとなった。

bottom of page