top of page

「日台共栄首長連盟」を設立、日台関係強化を目指す

日本の市町村長でつくる「日台共栄首長連盟」の設立総会が12月23日、東京都内で開催されました。 日台共栄首長連盟は、日本と台湾のの交流強化を目指す市町村長が参加する組織です。

日本全国の市町村の首長127人が参加し、設立総会には42人の首長が出席しました。

発起人代表の石川県加賀市の宮元陸・市長があいさつで、日本にも米国の「台湾関係法」のような法律があれば、日本と台湾が安全保障を含む政府間対話が実現するようになると強調しました。

現在台湾に戻っている台北駐日経済文化代表処の謝長廷・代表はビデオメッセージを寄せ、地方自治体の首長たちに感謝したほか、市区町村や各地との交流を強化していきたいと語りました。

関連記事

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(樂桃航空)は2月1日、3月27日から台北(桃園)~名古屋(中部)線に就航すると発表しました。 週7便の運航となります。 一方、高雄~大阪(関西) 線は8月1日から約3年半ぶりに運航を再開します。 ピーチ・アビエーション公式サイト https://www.flypeach.com/

中央流行疫情指揮センターは1月31日、2月7日以降、海外から入国後7日間の自主防疫期間は、新型コロナウイルス感染症の症状がある場合にのみ抗原検査を実施すると発表しました。 これに伴い、入国者に配布する抗原検査キットについて、1人当たりの配布個数を現行の4個から1個に変更します。 現行では、自主防疫期間に外出する場合、2日以内の陰性結果が必要です。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) http

中央流行疫情指揮センターは1月31日、2月7日以降、中国からの渡航者に対して入国時のPCR検査を実施する措置を取りやめると発表しました。 また、中国から香港、マカオを経由して台湾に入国する場合、48時間以内のPCR検査または24時間以内の抗原検査陰性証明を要求する措置も取りやめます。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

bottom of page