「日台共栄首長連盟」を設立、日台関係強化を目指す

日本の市町村長でつくる「日台共栄首長連盟」の設立総会が12月23日、東京都内で開催されました。 日台共栄首長連盟は、日本と台湾のの交流強化を目指す市町村長が参加する組織です。

日本全国の市町村の首長127人が参加し、設立総会には42人の首長が出席しました。

発起人代表の石川県加賀市の宮元陸・市長があいさつで、日本にも米国の「台湾関係法」のような法律があれば、日本と台湾が安全保障を含む政府間対話が実現するようになると強調しました。

現在台湾に戻っている台北駐日経済文化代表処の謝長廷・代表はビデオメッセージを寄せ、地方自治体の首長たちに感謝したほか、市区町村や各地との交流を強化していきたいと語りました。

関連記事

経済日報と南山人寿保険が12月6日に発表した県市別の幸福指数調査で、花蓮県が幸福指数69.30ポイントで、2015年から7年ぶりに1位を占めました。 昨年から12ランク上昇し、最優秀成長賞を受賞しました。 花蓮県は社会的なつながり、環境品質、地方政府の施策、健康、生活の現状、個人安全、健康、6つの項目の満足度が1位でした。

11月26日、統一地方選挙で台北市長に当選した蒋万安・前立法委員は12月5日、就任後1年以内に台北文化体育園区(台北市信義区)のドーム型スタジアム、台北大巨蛋(台北ドーム)を運営するという公約を実現すると明らかにしました。 2023年6月に試験運用を開始し、早ければ9月にもオープンする予定です。

ホテル業界の深刻な人手不足を受け、交通部観光局と労働部労働力発展署(労発署)は、台湾の大学を卒業した外国人と華僑を客室サービス人員として採用すればポイント制の就業許可申請対象に20ポイントを加算することに合意しました。 20ポイントが加算されれば、優れた中国語能力(30点)、3万台湾元以上の給与への評価点を加えると、就労基準の70点に達し、就業資格を取得した留学生が大幅に増えます。 年間1500~