top of page

「日本航空墾丁国際マラソン」、1,300人のランナーが参加

屏東県墾丁で11月5日、日本航空(JAL)協賛の「日本航空墾丁国際マラソン」が開催され、15カ国の国と地域から1,300人のランナーが参加しました。マラソンは省道「台26号線」沿いに台湾最南端の「鵝鑾鼻」まで南下し、東海岸沿いに北上するコースで、「東洋のハワイ」と呼ばれる墾丁と恆春半島の山と海の美しい景色が楽しめます。また、フルマラソンとハーフマラソンの男女上位3位には、協賛の日本航空から提供された台北-東京往復の航空券が授与されました。

関連記事

岳明国民中小学の帆船で台湾一周プロジェクト、澎湖に到着

宜蘭県立岳明国民中小学(小中一貫校)が企画した大型帆船「光腳号」と「阿莫号」の2艘でリレー方式で台湾を一周するプロジェクトが台湾本島の西側に位置する離島の澎湖諸島へ到着し、7月17,18日に現地の小学校6校の生徒らと合流して教育交流をおこないました。生徒らは帆船で望安島や七美島などの離島を訪れ、航海をしながら海の生態系や海洋ゴミの問題について理解を深めました。 7月5日に宜蘭県の蘇澳港を出発した一

総統府音楽会で訪台の沖縄県立西原高校マーチングバンド部、頼総統と面会

7月20日に台北市で開催される「2024総統府音楽会」に出演する為に訪台した沖縄県立西原高校マーチングバンド部が7月18日、総統府を訪れ頼清徳総統と面会しました。沖縄県立西原高校マーチングバンド部は昨年、日本の「マーチングバンド全国大会」で金賞を獲得したほか、2022年にオランダで開かれた「世界音楽コンクール」のショー部門で優勝したマーチングバンドの強豪校です。頼総統は沖縄県立西原高校マーチングバ

コメント


bottom of page