「桃園国際空港MRT、2015年末に全線開通予定」

台北駅から桃園国際空港まで最速35分で結ぶ台湾桃園国際機場捷運(桃園国際空港MRT)が2015年末に全線開通予定で、運賃は、途中停車駅の少ない「直通車」で160台湾元(約550円)と設定されているのですが、国民の期待、マーケティングなどのことを満たすため、運賃は160元を下げられる可能性もあります。 交通部高速鉄路工程局(高鉄局)は、桃園空港MRTに対し、台北駅~桃園空港の直通車で160元、台北MRTの基準だと、片道約80元というふうに仮計算をしました。普通車なら桃園空港まで50分、終点の中壢環北駅まで68分の予定です。同局の発表によると、計画は91.77%進み、1月中旬から区間ごとに走行試験を開始しており、来年初めには完了する予定です。その後試運転を行い、来年末の開通は問題ないとの見方です。

関連記事

12月1日から台北市内のドリンクスタンドやカフェで、プラスチックカップの提供が禁止されます。 違反した場合は、業者に対して1,200~6,00台湾元(の罰金が科されます。 台北市政府環境保護局(環保局)は11月23日、業者の9割が紙カップなどの代替品の準備を完了したと説明しました。

中央流行疫情指揮センターは11月23日、12月初めにも、屋外でのマスク着用義務を原則廃止すると述べました。 年越しイベントなど人が密集する場所はマスク着用を検討します。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

台北市政府交通局は11月18日、自転車シェアリングサービス「YouBike」のうち、初代車両「YouBike1.0」の運営を12月3日から終了し、次世代版「YouBike2.0」に完全移行すると発表しました。 YouBike1.0は2009年にサービスを開始して以来、のべ2億人以上が利用していました。 2020年1月に導入されたYouBike2.0は、今年10月末の利用率は全体の91.5%に達しま