「花蓮に行こう」 台湾国内の旅行業界に取り組み広がる

「花蓮に行こう」 台湾国内の旅行業界に取り組み広がる

2月6日に発生した花蓮地震の影響で、 被災地では春節連休も宿泊キャンセルが相次ぎ、 地元観光業には大きな影響が出ている。 こうした中、台湾の旅行業界では観光客を花蓮に呼び戻すための試みが始まっている。 台湾観光発展協会は、2018年7月にまで、民宿ツアー100回、ホテル宿泊ツアー500回の 催行を目標に花蓮旅行をPRする。 また、地元の旅行会社、ホテル、航空会社は6月末まで限定で台北~花蓮間の往復航空券と 宿泊を組み合わせたプランを特別料金で販売する予定。

関連記事

台北市の士林官邸公園で行われる毎年恒例の「士林官邸菊展」が、11月25日から12月11日まで開催されます。 今年は20周年を記念して、「秋菊、祝賀、20周年記念日」をテーマとした展示を行います。 また、会期中の休日には、芸術・文化イベントが開催され、士林周辺の商店ではイベントに連動したキャンペーン活動も行われます。

台湾鉄路(台鉄)は、第7回「鉄路弁当節(駅弁フェスティバル)」を台北駅のコンコースで開催します。 期間は11月11日から14日までとなります。 39社が駅弁60種余りを販売し、日本では8つの鉄道会社が参加します。 JR東日本、東部鉄道、近畿日本鉄道、西部鉄道、伊豆箱根鉄道、近江鉄道、しなの鉄道、一畑電気鉄道などの駅弁を販売します。

彰化市は11月2日、扇形庫のつながりで大分県玖珠町と「友好交流協定」を締結しました。 彰化市の林世賢・市長と玖珠町の宿利政和・町長はオンラインで調印しました。 2019年、彰化市の扇形車庫は旧豊森機関車庫と「姉妹協定」を結びました。 今年は彰化市の扇形庫が国定古跡に昇格し、竣工100周年を迎える重要な年であることから、これを記念して九珠町と友好交流協定を締結することにしました。