top of page

「震洋」特攻部隊の遺構、左営で発見

「震洋」特攻部隊の遺構、左営で発見

高雄市の代表的な外省人居住地域 だった左営眷区自助新村の撤去作業 中、太平洋戦争当時の日本軍の小型 ボートによる特攻部隊「震洋隊」の基地の遺構が発見された。 今回発見されたのは、神社、指揮所、 防空壕などの遺構で、高雄市文化局と国 軍は撤去作業を一時中断し、遺構の保存 を進めることを決めた。震洋隊は、小型のベニヤ板製モーター ボートの船内艇首部に爆薬を搭載し、上 陸船団に体当たり攻撃を行う特攻部隊。 史料によると、震洋隊が左営に駐留を開 始したのは終戦直前の1945年1月のことだった。 左営眷区では先ごろ、清代の左営旧城 の西門付近に当たる城壁、城門の基礎部 分が発見されており、同時に保存が進め られる予定。

関連記事

麗宝集団傘下の福容大飯店 (フーロンホテル)は2月3日、今後6年間で100億台湾元以上を投じてホテル8軒を開業する計画だと発表しました。 4~6月に高雄市前金区と南投県水里郷、7~12月に嘉義、来年から5年で台北市のMRT円山駅そば、南投県埔里鎮、屏東県東港鎮、台東県成功鎮、澎湖県馬公市、現在の15軒から23軒に増えると明らかにしました。

ゲーム業界の展示会、台北ゲームショー (台北国際電玩展) の一般向け展示が2月2日から2月5日まで、台北南港展覧館ホール1館で開幕しました。 25カ国の275社がブース1000小間以上を出展し、250種のゲームソフトやハードウエアなどを展示しました。 台北ゲームショー 公式サイト https://tgs.tca.org.tw/visit_info.php

新北市政府捷運工程局は2月2日、安坑ライトレール(安坑軽軌)が10日に開通すると発表しました。 安坑LRTは全長は7.5キロメートルで、9駅が約21分で結ばれます。 十四張駅では新北メトロ環状線と接続します。 10日から試運転で1カ月間は無料で利用できます。 正式営業開始後の運賃は20~25台湾元となります。

bottom of page