top of page

「2021 Open House Taipei」開催へ

普段は立ち入ることが出来ない施設の内部を一般向けに無料公開するイベント「打開台北│Open House Taipei」が、11月27日と28日に開催されます。

今年のテーマは「再台北Re Taipei」。 多種多様な建築物が混在する台北の日常を生活再生、経験再現、建築の再構築という観点から考察します。

昨年に続き2回目の開催で、台北MRT(地下鉄)のコントロールセンターや、台北表演芸術中心(台北パフォーミング・アーツ・センター)、デジタル政策担当の唐鳳(オードリー・タン)政務委員のオフィスなどの施設90カ所が公開されます。

「Open House」は、1992年にロンドンで始まったイベントで、台北市で初開催となった昨年は来場者数3万人と盛況でした。

打開台北│Open House Taipei https://www.opentaipei.org/

関連記事

「世界で最もロマンティックな鉄道」只見線の写真展、MRT松山駅で開催

福島県金山町と台北MRT運営会社の台北捷運公司が提携し、2月24日よりMRT松山駅の構内にて郷土写真家である星賢孝氏の作品を展示する写真展「療癒特急・只見線」を開催しています。観覧無料、開催期間は3月3日まで。 只見線は福島県会津若松市から新潟県魚沼市までを走る路線で、沿線の自然溢れる風景から「世界で最もロマンティックな鉄道」とも称され、撮影愛好家や鉄道ファンが多く訪れる聖地となっています。豪雨災

交通系ICカード「悠遊卡」、シール型を発売へ

交通系ICカード「悠遊卡(イージーカード)」を運営する悠遊卡公司が、今年半ばに携帯電話用のシール型イージーカードを発売、第4四半期に電子マネーとの連携サービスの提供開始を予定していると明らかにしました。 台湾でのスマートフォン市場はiPhoneがシェア50%を占めていますが、イージーカードは日本の交通系ICカード「Suica(スイカ)」のようにiPhoneのウォレットのアプリに追加できません。悠遊

蔡総統、台湾ランタンフェスティバル開幕式に出席

台南市で開催されている「2024台灣燈會(ランタンフェスティバル)」の高鉄会場の開幕式が2月24日の夜に開催され、蔡英文総統が出席しました。蔡総統は任期8年となり、総統としてのランタンフェスティバル開幕式への出席は最後の機会となります。台湾ランタンフェスティバルは今年で35回目を迎え、台南市での開催は16年ぶりです。 蔡総統は開幕式の挨拶で、同時に台南市で開催されている台湾国際蘭展のPRもおこない

bottom of page