「2021 Open House Taipei」開催へ

普段は立ち入ることが出来ない施設の内部を一般向けに無料公開するイベント「打開台北│Open House Taipei」が、11月27日と28日に開催されます。

今年のテーマは「再台北Re Taipei」。 多種多様な建築物が混在する台北の日常を生活再生、経験再現、建築の再構築という観点から考察します。

昨年に続き2回目の開催で、台北MRT(地下鉄)のコントロールセンターや、台北表演芸術中心(台北パフォーミング・アーツ・センター)、デジタル政策担当の唐鳳(オードリー・タン)政務委員のオフィスなどの施設90カ所が公開されます。

「Open House」は、1992年にロンドンで始まったイベントで、台北市で初開催となった昨年は来場者数3万人と盛況でした。

打開台北│Open House Taipei https://www.opentaipei.org/

関連記事

10月13日から新型コロナウイルス感染症の水際対策が大幅に緩和され、人の往来が頻繁になりました。 桃園国際空港の11月25日の発表によると、10月の利用客は延べ67万1000人で前年同月の9.7倍に増加しました。 1~10月の利用客は271万人で、前年同期の3.6倍でした。

中央流行疫情指揮センター11月は28日、12月1日から屋外でのマスク着用義務を廃止すると発表しました。 ただ、年越しイベントなど人が密集する場所については、、別途検討します。 公共交通機関を含む屋内ではマスクの着用を引き続き求めます。 外出時に飲食する際のほか、運動、カラオケ、写真撮影、講演、講座、温泉、サウナ、水場での活動などでマスクは外すことが認められます。 また、宴席でテーブルを回っての乾杯