top of page

「2021 Open House Taipei」開催へ

普段は立ち入ることが出来ない施設の内部を一般向けに無料公開するイベント「打開台北│Open House Taipei」が、11月27日と28日に開催されます。

今年のテーマは「再台北Re Taipei」。 多種多様な建築物が混在する台北の日常を生活再生、経験再現、建築の再構築という観点から考察します。

昨年に続き2回目の開催で、台北MRT(地下鉄)のコントロールセンターや、台北表演芸術中心(台北パフォーミング・アーツ・センター)、デジタル政策担当の唐鳳(オードリー・タン)政務委員のオフィスなどの施設90カ所が公開されます。

「Open House」は、1992年にロンドンで始まったイベントで、台北市で初開催となった昨年は来場者数3万人と盛況でした。

打開台北│Open House Taipei https://www.opentaipei.org/

関連記事

毎年台東で開催されている人気イベントの「台灣國際熱氣球嘉年華(台湾国際バルーンフェスティバル)」が11月29日、Facebookページにて2024年の開催日程を7月6日から45日間と発表しました。台東県は例年、イベント日程を開催の2,3ヶ月前に発表していました。今回の発表を早めた理由について、国内外の熱気球ファンが余裕をもって台東への旅程を計画出来るようにするためと述べています。 台東県は2024

今年で10周年を迎えるアジア最大のスタートアップのイベント「MeetTaipei2023」が南港展覧館2館で、11月30日から12月2日に開催され、400組を超えるスタートアップが集まりました。また、アメリカ、日本、香港、マレーシアなど国外からも100組近くのスタートアップが参加しました。開催初日の開幕式には、賴清德副総統や蔣萬安台北市長らが参加しました。

台湾の人気グルメ「滷肉飯(ルーローハン)」の基龍市の王者を決定する「2023基隆滷肉飯王者争霸」を12月1日から来年1月15日の期間で開催すると、基龍市の謝国樑市長が11月29日に発表しました。市内でルーローハンを提供する40軒の飲食店が参加、期間中はインターネット上で投票ができ、最も投票が多い上位5軒には人気店の盾が贈られます。 また、期間中に参加店での写真をFacebookでシェア・チェックイ

bottom of page