top of page

「2023ロマンチック台三線芸術季」、6月24日より開催

客家文化を主軸とするアートイベント「2023浪漫台三線藝術季(ロマンチック台三線芸術季)」が6月24日から8月27日に台北、桃園、新竹、苗栗、台中の5つの都市で開催されます。6月22日に行われた開催セレモニーには蔡英文総統も出席しました。


客家語で”彩りが多く美しい”という意味の「花啦嗶啵(ファラビボ)」をテーマに、7か国から集まったアーティストやデザインチームの91作品が、台湾を縦断する「台三線」沿いに展示されます。このイベントは今回が2回目の開催で、また今年8月には桃園にて第1回「世界客家博覧会」の開催が予定されています。


浪漫台三線藝術季 (日本語)



関連記事

九族文化村、桜をテーマに台日交流

今年で24年目に突入した「九族桜花祭」を開催する南投県の九族文化村で2月17日、今年2月に日本さくらの会より「第30代日本さくらの女王」に選ばれた杉浦美桜里さんを招待しての台日桜文化交流のイベントが開催されました。また、九族文化村と日月潭を結ぶロープウェイで床が透明なゴンドラ24台にラッピングを施して「桜花女王号」と命名し、イベントでは命名セレモニーがおこなわれました。

台北ランタンフェスティバルで大阪の「光の饗宴」と万博をPR、観光交流協定を締結

大阪観光局と台北市観光伝播局が2月17日、観光交流協定を締結しました。大阪観光局は、大阪府と大阪市の観光事業振興に取り組む公益財団法人で、協定の締結により双方の観光情報の閃電や、観光イベントへの参加を強化し、お互いの観光の発展を促進します。 また、大阪市は西門町エリアで開催中の台北燈會(台北ランタンフェスティバル)にランタンを出展し、2025年に開催される大阪・関西万博や、毎年12月に開催されるイ

台南市の台湾ランタンフェスティバル、高鉄会場が24日より点灯

2月24日より開催される台南市の「2024台湾燈會(台湾ランタンフェスティバル、安平会場は2/3より開催中)」の中で公開される「全国ランタンコンペティション」の作品の設置が、2月18日より始まりました。中でも先泰工芸社が製作した「台湾奇案 陳守娘」が公開前より注目を集めています。先泰工芸社の作品は西門町で開催中の台北ランタンフェスティバルでも展示されており、13体の神様が並んだ「衆神保庇(龍)平安

bottom of page