top of page

【台湾鉄道】花蓮〜台東電化、2014年6月実現へ

 交通部鉄路改建工程局(鉄工局)は18日、台湾鉄路(台鉄)の花蓮~台東間の電化工事が来年6月に完了するとの見通しを示した。当初は年内完工を計画していましたが、台風の影響等で作業が遅れた関係で来年6月に完成する予定です。19日付自由時報が報じた。

 電化完了により、特急太魯閣(タロコ)号や普悠瑪(プユマ)号の花蓮以南への乗り入れが可能になり、花蓮~台東は特急で30分、台北〜台東では50分、所要時間が短くなる模様です。今後、台湾鉄道が特急太魯閣(タロコ)号等の特急列車の台東までのダイヤを発表されると予測されます。

 なお、複線化工事を進める自強トンネル(花蓮県)については特殊な地質的環境により工事が遅れており、来年末の完工を目指しています。

関連記事

茨城県の特産品や観光の魅力を紹介するイベント「いばらき大見本市」が2月5日から2月9日まで、台北市信義区の松山文創園区(松山カルチュラル&クリエーティブパーク)第3倉庫、第4倉庫で開催しています。 茨城県の食品メーカーや観光業者など40社が参加し、台湾の食品バイヤーや旅行会社約100社と商談する予定です。

麗宝集団傘下の福容大飯店 (フーロンホテル)は2月3日、今後6年間で100億台湾元以上を投じてホテル8軒を開業する計画だと発表しました。 4~6月に高雄市前金区と南投県水里郷、7~12月に嘉義、来年から5年で台北市のMRT円山駅そば、南投県埔里鎮、屏東県東港鎮、台東県成功鎮、澎湖県馬公市、現在の15軒から23軒に増えると明らかにしました。

ゲーム業界の展示会、台北ゲームショー (台北国際電玩展) の一般向け展示が2月2日から2月5日まで、台北南港展覧館ホール1館で開幕しました。 25カ国の275社がブース1000小間以上を出展し、250種のゲームソフトやハードウエアなどを展示しました。 台北ゲームショー 公式サイト https://tgs.tca.org.tw/visit_info.php

bottom of page