【萬安37號演習(防空演習)】のお知らせ

台北市政府により、今年の「全民防空演練」(空襲に備え演習地区の全住民が対象となり実施される訓練)が2014年05月26日(月)14:00-14:30(30分間)に実施すると発表されました。 例年の演習では、演習地区の全住民に演習時の屋内退避、車両停止等が義務付けられるなど、本格的な避難訓練が実施されますが、今年は警報(サイレン)が発せられるのみで、実際の避難措置や交通管制は行われない予定です。

このため、今回の演習では皆様に屋内退避、車両停止等の対応は特段求められませんが、万一に備えるため、発せられる警報音は確認できるよう、また関連の報道に注意いただくよう努めてください。

※通常の観光には影響がございませんが 状況によりルート変更の場合がございます。

関連記事

10月13日から新型コロナウイルス感染症の水際対策が大幅に緩和され、人の往来が頻繁になりました。 桃園国際空港の11月25日の発表によると、10月の利用客は延べ67万1000人で前年同月の9.7倍に増加しました。 1~10月の利用客は271万人で、前年同期の3.6倍でした。

中央流行疫情指揮センター11月は28日、12月1日から屋外でのマスク着用義務を廃止すると発表しました。 ただ、年越しイベントなど人が密集する場所については、、別途検討します。 公共交通機関を含む屋内ではマスクの着用を引き続き求めます。 外出時に飲食する際のほか、運動、カラオケ、写真撮影、講演、講座、温泉、サウナ、水場での活動などでマスクは外すことが認められます。 また、宴席でテーブルを回っての乾杯

中央流行疫情指揮センターは11月28日、新型コロナウイルスの水際対策について、12月10日午前0時から海外からの入境者数の上限を撤廃すると発表しました。 クリスマスや年末年始、旧正月期間で、出入境の需要が増えると見込まれるためです。 現行では、入境者数の上限は1週間当たり15万人で、12月1日から20万人に引き上げられます。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc