top of page

【萬安39號演習(防空演習)】のお知らせ(2016/3-4月)

2016年、下記の期間に「萬安39號演習(防空演習)」を実施すると発表されました。

「萬安演習(防空演習)」実施時間: 03/21(月)13:30-14:00 (中部)苗栗縣 台中市 南投縣 雲林縣 彰化縣 嘉義市(縣) 04/08(金)13:30-14:00 (離島)澎湖縣 04/13(水)13:30-14:00 (離島)金門縣 04/18(月)13:30-14:00 (北部)台北市 新北市 宜蘭縣 基隆市 桃園市 新竹市(縣)  04/21(木)13:30-14:00 (南部)屏東縣、臺南市、高雄市

防空警報が鳴り響き次第、避難誘導及び管制運転が行われます。 それに伴い、台北MRT、台湾高速鉄道、台湾鉄道は通常通りに運行されますが、 解除のサイレンが鳴るまで駅から出ることはできません。

※通常の観光には影響がございませんが、状況によりルート変更の場合がございます。

同時期にご旅行をご予定の方は、予めご了承ください。

**************************************** 萬安演習とは? 台湾にて有事が発生した際の防空演習になります。 市内にサイレンが鳴り響き、その後再びサイレンが鳴り響くまでは 外出を自粛する必要があります。(その間約30分) 既に外出している場合は、建物の中へ避難する必要があります。 又、通行中の車は一旦停止し、解除のサイレンが鳴るまで路肩へ 一時停車が義務付けられます。

#防空演習

関連記事

「來去總統府住一晚(総統府に一泊しよう)」キャンペーンに当選した日本人Youtuberで「しおりのなんとなく日常」のしおりさんが、宿泊4組目の外国人として総統府を訪れました。当選者は、宿泊から15日以内に台湾での体験をまとめた動画を自身のメディアで公開することになっています。 しおりさんは過去に数えきれないほど台湾を訪れていますが、総統府での宿泊は一番特別な経験となり「前世でよっぽどいいことをした

「2023澎湖國際燈光藝術節(澎湖国際ライティングアートフェスティバル)」が離島の澎湖にて、11月26日まで開催されます。今年は2つのメイン会場で開催されていて、林投公園は今月15日より、国際広場は21日よりライトアップを開始しました。 ライトアップは毎日午後6時から10時まで、また毎週木、土、日の午後7時、8時、9時には5分間のプロジェクションマッピングのショーが行われます。 2023澎湖國際燈

「2023臺灣文博會(台湾クリエイティブエキスポ)」が、9月22日から10月1日の10日間開催されています。メインエリアは空総台湾当代文化実験場、國家鉄道博物館、華山文創園区、松山文創園区、花博爭艷館の5カ所あり、「文化策展」、「文創品牌(クリエイティブブランド)」、「IP授権(IPライセンス)」、「文化展演」の4つのメインテーマで展示が展開しています。 2023臺灣文博會 公式サイト (繁体中国

bottom of page