top of page

ららぽーと台中、2023年オープン予定

三井不動産の複合商業施設であるららぽーとが2023年、 台湾鉄道(台鉄)台中駅の近くでオープンする予定です。

敷地面積は約4万3,000平方メートルで、 施設内には約250店舗が入居する計画となっています。

関連記事

三井アウトレット林口、11月に第2期オープンで全300店舗に

三井不動産が7月18日、2016年1月に第1期がオープンした三井アウトレットパーク台湾林口について、第2期となる「三井アウトレットパーク台湾林口2館」を11月14日にオープンすると発表しました。約100店舗が入居予定で、第1期の約200店舗と併せて約300店舗となり、年間売上高は100億台湾元を突破する見込みです。 2館は8,000坪を超える面積で3階建て、1階には生活用品の大型店とレストラン、2

MRT中正紀念堂駅、国家両庁院へ直結の通路を着工

中正紀念堂で7月17日、MRT中正紀念堂駅と国家両庁院を直接つなぐ通路「両庁院芸文推広廊道」の起工式がおこなわれました。これまでMRTの駅から国家両庁院を直接つなぐ通路は無く、一度地上に出てから屋外を歩いてのアクセスとなっていました。 新しい通路はMRTの5番出口と直結し、雨の日も濡れることなく移動できるようになります。通路は地上一階、地下三階建てで、総予算は9億7,700万台湾元。1987年の国

高雄MRT「蜜柑駅長」、オリジナルグッズ専門店がオープン

高雄市の高雄MRTの左営駅に7月13日、高雄MRTのネコ駅長「蜜柑駅長」のオリジナルグッズを販売する「蜜柑站長専売店」がオープンし、 高雄市の陳其邁市長や市のマスコットキャラクターの高雄熊がお祝いに駆け付けました。陳市長は、野良猫から駅長となった蜜柑駅長の高い人気にあやかり、市の観光促進につなげたいと述べました。 高雄MRTは今年の蜜柑駅長の経済効果は、初めて1,000万台湾元を突破すると見込んで

Comments


bottom of page