ららぽーと台中、2023年オープン予定

三井不動産の複合商業施設であるららぽーとが2023年、 台湾鉄道(台鉄)台中駅の近くでオープンする予定です。

敷地面積は約4万3,000平方メートルで、 施設内には約250店舗が入居する計画となっています。

関連記事

日本統治時代の1922年に完成した彰化県の扇形車庫は、今年で建設100周年を迎えます。 扇形車庫とは、機関車を方向転換させる転車台(ターンテーブル)と、それに合わせて扇のように弧を描いた形状に作られた車庫のことです。 交通部台湾鉄路管理局は12月4日、歴代の鉄道車両計14台を扇形車庫に集め、建設100周年の祝賀イベントを行いました。

台南市の曽文ダムと烏山頭ダムの水位が低下しているのを受け、台南地区では2日から、夜間(午後11時~午前5時)の減圧給水を開始しました。 経済部水利署によると、減圧給水の対象は76万戸で、1日当たり1万5000トンの水を節約できるとの考えを示しています。

大型複合セレクトショップ、誠品生活(エスライト・スペクトラム)は12月3日、台北MRT板南線忠孝敦化駅近くの東区地下街第6~7号広場に、「誠品生活捷運敦化店」をプレオープンしました。 店舗面積は約300坪で、誠品書店の他にもドリンクスタンド、アパレルショップ、ドラッグストアなど計12ブランドが集まります。 誠品生活(中国語) http://www.eslitespectrum.com.tw/