top of page

ららぽーと高雄、2026年に開業予定

三井不動産は6月30日、高雄市鳳山区で複合型ショッピングセンター「三井ショッピングパーク ららぽーと高雄(仮称)」を着工したと発表しました。2026年に開業、店舗数は約280店の予定です。台湾で3か所目のららぽーとで、三井不動産の商業施設としては6か所目となります。


地上6階、地下2階建てで、台湾内外のファッションブランドのほか、フードコートを含む飲食店、スーパーマーケットなどの店舗が入居予定です。ららぽーとは2024年に台北市南港区での開業も予定しています。

関連記事

宜蘭県南方澳漁港、今季初のクロマグロを水揚げ

今季初となるクロマグロが4月15日、宜蘭県蘇澳の南方澳漁港で水揚げされました。蘇澳籍の漁船「再發668號」が捕獲したこのマグロは重さ269キロ、全長253センチ、17日に南方澳の魚市場で競りにかけられます。また、「蘇澳初マグロ」に認定され、台湾全土としても今季初のクロマグロとなります。 宜蘭県のクロマグロは、毎年4月から7月にかけてシーズンを迎えます。「蘇澳初マグロ」の認定を受けるには、漁船が合法

「台湾のウユニ塩湖」こと高美湿地、灯台敷地内に宿泊施設

台湾中部の台中市清水区にあり「台湾のウユニ塩湖」とも呼ばれる高美湿地で4月12日、台湾で初となる灯台敷地内の宿泊施設「高美燈塔園区」がオープンしました。約6坪の2人部屋、約12坪の4人部屋など、全7部屋の客室を備え、宿泊料金は1室2,000台湾元(約9,500円)から。室内は、灯台の歴史的建物としての特色を残した内装となっており、施設内には宿泊者同士が交流できる共有スペースも設置されています。

蔡総統、警察専科学校の学生宿舎などプレート除幕式に出席

蔡英文総統が4月9日に台湾警察専科学校を訪問し、新しい学生宿舎の「英才樓」と、「科技犯罪偵査教育中心(科学犯罪捜査教育センター)」のプレート序幕式に出席しました。蔡総統は、政府は警察、消防などを重視しており、今回は宿舎の改善や科学犯罪捜査教育センターを設置、どちらも現場の警察官たちにより完全なサポートを提供するものであると述べています。 2016年に行政院で建設が決定した新宿舎の英才樓は、今年3月

Comments


bottom of page