top of page

ららぽーと高雄、2026年オープン予定

三井不動産は3月23日、高雄市鳳山区にリージョナル型ショッピングセンター「ららぽーと」を2023年に着工、26年に開業する予定と発表しました。

100億台湾元を投じ、地上6階、地下1階建てで、出店テナント数は約250店です。

台北市、台中市に続き、台湾で3つ目のららぽーとです。

関連記事

交通部は3月14日、国際線の乗り継ぎ客に対し、31日以降に1人当たり500台湾元の空港施設利用料を徴収すると発表しました。 航空券発券時に運賃などと共に支払うことになります。 新型コロナウイルス感染症対策で増加した空港設備やサービスの関連費用について、利用者負担の原則に基づいて導入すると説明しました。

高雄市の新たなランド―マークとなる高雄港旅運中心(高雄港クルーズターミナル)は3月6日、運用を開始しました。 高雄港旅運中心は愛河湾の左側に位置し、地上15階、地下2階建てで海の波をイメージし、曲線を多用した外観が特徴です。 出入境審査カウンター22カ所と自動化ゲート4台を設置しております。 母港とする場合は1時間当たり2100人、寄港の場合は3500人が通過できます。 今年、高雄港に到着予定の国

台湾北東部の宜蘭県の離島、亀山島が3月1日より再び観光再開しました。 亀山島の生態系を守るため、毎年12月1日から翌年2月28日まで、島を封鎖しています。 3月1日から11月30日まで開放され、1日当たりの観光人数も1,800人までと制限されています。 公式ウェブサイトで観光の申請できます。 https://events.necoast-nsa.gov.tw/Coast/

bottom of page