アストラゼネカ製ワクチン、約59.5万回分到着

英アストラゼネカ社(AZ)が、開発した新型コロナウイルスワクチン約59.5万回分が8月31日午後、タイ・バンコクから台湾桃園国際空港に到着しました。

中央感染症指揮センターの陳時中・指揮官によると、昨年10月末に英アストラゼネカ社(AZ)と1,000万回分の 購入契約を交わしており、今回の約59.5万回分は7回目の配送で累計約327万回分となりました。

また、9月1日午後の記者会見で、独ビオンテック社(BNT)の新型コロナウイルスワクチン約94万回分を搭載した航空機が既に台湾に向っており、明日9月2日の早朝に到着する予定だと発表しました。

関連記事

経済日報と南山人寿保険が12月6日に発表した県市別の幸福指数調査で、花蓮県が幸福指数69.30ポイントで、2015年から7年ぶりに1位を占めました。 昨年から12ランク上昇し、最優秀成長賞を受賞しました。 花蓮県は社会的なつながり、環境品質、地方政府の施策、健康、生活の現状、個人安全、健康、6つの項目の満足度が1位でした。

台北101で毎年の大晦日に行われる花火ショーは世界的な年越しイベントとなっており、当日の台北101と周辺高層ビルのレストラン予約状況が好調です。 台北101の85階のイタリアンレストラン「随意鳥地方」の窓際の席はすでに予約がいっぱいです。 台北101のオフィスビル営運長は、新型コロナウイルスの水際対策が緩和され、下半期の飲食部門の売上が上半期より40%増加したと指摘しました。