top of page

アストラゼネカ製ワクチン、約59.5万回分到着

英アストラゼネカ社(AZ)が、開発した新型コロナウイルスワクチン約59.5万回分が8月31日午後、タイ・バンコクから台湾桃園国際空港に到着しました。

中央感染症指揮センターの陳時中・指揮官によると、昨年10月末に英アストラゼネカ社(AZ)と1,000万回分の 購入契約を交わしており、今回の約59.5万回分は7回目の配送で累計約327万回分となりました。

また、9月1日午後の記者会見で、独ビオンテック社(BNT)の新型コロナウイルスワクチン約94万回分を搭載した航空機が既に台湾に向っており、明日9月2日の早朝に到着する予定だと発表しました。

関連記事

新北市瑞芳区と熊本県上天草市、「猫」が縁の友好交流協定

熊本県上天草市の堀江隆臣上市長ら訪問団が新北市を訪れ、4月15日に新北市瑞芳区と友好交流協定を締結しました。瑞芳区には「猫村」として有名な猴硐が、上天草市には「猫の島」の愛称を持つ湯島があり、猫が緣での協定締結となりました。猫の他にも、漁港やサイクリングなど、観光や産業で共通点を多く持っています。 双方は今年1月、台北駐大阪経済文化弁事処福岡分処の仲介によりオンラインで交流を開始しました。協定締結

エバー航空の高雄-香港線、4月12日より運航開始

高雄国際空港で4月12日、長榮航空(エバー航空)の香港線が運航を開始しました。1日1便の運航で、5月15日より1日2便に増便します。運航初日は満席となり、184人の旅客が搭乗、また香港から高雄への便も178人の旅客が搭乗しました。エバー航空は現在、桃園-香港便を毎週53便運航しており、5月15日以降は香港線は桃園と高雄を合わせて週67便の運航となります。 高雄国際空港によると、今年3月時点での運航

宜蘭県南方澳漁港、今季初のクロマグロを水揚げ

今季初となるクロマグロが4月15日、宜蘭県蘇澳の南方澳漁港で水揚げされました。蘇澳籍の漁船「再發668號」が捕獲したこのマグロは重さ269キロ、全長253センチ、17日に南方澳の魚市場で競りにかけられます。また、「蘇澳初マグロ」に認定され、台湾全土としても今季初のクロマグロとなります。 宜蘭県のクロマグロは、毎年4月から7月にかけてシーズンを迎えます。「蘇澳初マグロ」の認定を受けるには、漁船が合法

Comments


bottom of page