アストラゼネカ製ワクチン、23歳以上接種予約開始

中央流行疫情指揮センターは8月31日、7月19日までにアストラゼネカ製の新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種意思を登録済みの23歳以上28歳以下の市民を対象に、9月3日午前10時から4日午後6時まで、接種予約を受け付けると発表しました。 接種期間は9月9から12日までとなります。

ワクチン予約システム https://1922.gov.tw/vas/ 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

関連記事

中央流行疫情指揮センターは12月5日、2023年1月1日から全国民健康保険に加入していない外国人が台湾に滞在している間、新型コロナウイルス感染症の感染が確認された場合、隔離または治療費用を自己負担すると発表しました。 これまでは健康保険の有無に関係なく、政府が負担していました。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

各旅行会社様からのお問い合わせ内容をFAQ方式で共有させて頂いております。 追加分(12/6)をお知らせします。 ・旅客は台湾でコロナに感染したら、治療費用と隔離費用は自己負担ですか? 台湾入国質問表

中央流行疫情指揮センターは11月28日、12月10日から病院の全病室の見舞いを解禁すると発表しました。 指定された時間帯に1回当たり最大2人まで見舞うことができます。 ただし、手術や検査などで家族の付き添いや同意書の署名が必要な場合などに制限はありません。 見舞う人は、家庭用抗原検査キットで検査を行い、陰性証明書を提示する必要があります。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://