アストラゼネカ製ワクチン、58万回分到着

7月27日、アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチン58万2,000回分が午後3時14分ごろ、桃園国際空港に到着しました。 台湾がアストラゼネカから直接交渉をして購入した物の一部となります。 中央流行疫情指揮センターは昨年10月、アストラゼネカとワクチン1,000回分の購入契約を締結しました。 これまでに27日到着分を含め、4回で計188万5,000回分が到着しました。

中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

関連記事

日本統治時代の1922年に完成した彰化県の扇形車庫は、今年で建設100周年を迎えます。 扇形車庫とは、機関車を方向転換させる転車台(ターンテーブル)と、それに合わせて扇のように弧を描いた形状に作られた車庫のことです。 交通部台湾鉄路管理局は12月4日、歴代の鉄道車両計14台を扇形車庫に集め、建設100周年の祝賀イベントを行いました。

中央流行疫情指揮センターは12月5日、2023年1月1日から全国民健康保険に加入していない外国人が台湾に滞在している間、新型コロナウイルス感染症の感染が確認された場合、隔離または治療費用を自己負担すると発表しました。 これまでは健康保険の有無に関係なく、政府が負担していました。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

各旅行会社様からのお問い合わせ内容をFAQ方式で共有させて頂いております。 追加分(12/6)をお知らせします。 ・旅客は台湾でコロナに感染したら、治療費用と隔離費用は自己負担ですか? 台湾入国質問表