top of page

エイベックス、「a―nation」台湾初開催

エイベックス、「a―nation」台湾初開催

エンターテインメント大手のエイベックス・グループ・ホールディングスは5月14日、 日本で恒例の夏のフェスティバル「a―nation」を海外(台湾、シンガポール)で初めて開催すると発表した。 台湾の開催は2014年9月13日に台北市南港区の「南港101文創会館」にてライブを行う。 今回のイベントをアジアへの本格展開の足掛かりにする考え。

関連記事

アジア最大規模の食品・飲料展示会「フーデックスジャパン2023」が3月7日、東京ビッグサイトで開幕しました。 日本は台湾にとって2位の農産物・食品の輸出先であり、台湾パビリオンには136社の業者や団体が出展しています。 台湾産フルーツ、台湾茶、缶詰などが展示されています。

野球の国家対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が3月8日に開幕します。 8日から12日まで、台中インターコンチネンタル野球場で1次ラウンド・プールAの試合が開かれます。 プールAには台湾の他にもオランダ、キューバ、イタリア、パナマが参加しました。 台中市の盧秀燕・市長は各国の選手たちを歓迎するため、選手やコーチたちが宿泊するホテルの部屋に特製のお土産を用意しました。 内容は、小林煎

台南市が主催する「2023台湾国際らん展」が、今年は3月3日から3月19日まで開催されています。 後壁区の蘭花生物科技園区で開幕し、頼清徳・副総統が出席しました。 頼清徳・副総統は、2005年に始まった「台湾国際らん展」が今や世界の三大らん展の一つになったことを喜びました。

bottom of page