top of page

エバー航空、初日の出鑑賞等の「類出国」商品7コースを販売

エバー航空(長栄航空)は特別な日に合わせて飛ぶ国内フライト「類出国」商品の販売を開始しました。

フライトコースは全部で7つあり、実施日はそれぞれ 中秋節お月見(10/1-10/4)、台湾双十節(10/9-10/10)、ハロウィーン(10/31)、 独身の日(11/11)、クリスマス(12/25)、年越し(12/31)、初日の出鑑賞(1/1)となります。

販売されたフライトコースは全て桃園国際空港発着ですが、 中秋節と台湾双十節のフライトに関しては高雄空港発着も検討されています。

エバー航空(長栄航空) https://www.evaair.com/ja-jp/index.html

関連記事

3月20日から軽症・無症状の新型コロナウイルス感染者の届け出と、5日間の隔離が不要になりました。 抗原簡易キットの検査結果が陰性になるまで、または発症・陽性確認から10日経過するまでは、外出が可能な自主健康管理の「0+N」のみとなります。 期間中の外出にはマスクの常時着用が求められます。

中央流行疫情指揮センターは3月18日、新型コロナウイルス感染症の実効再生産数(Rt)が0.9まで下がり、清明節(4月5日)連休まで低下傾向が続くものと予想しました。 清明節連休後も感染者数が急増しない場合、4月10日に医療機関の入院または付き添い時の抗原検査を取りやめ、4月中旬にも公共交通機関のマスク着用義務を廃止します。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.

彰化県で3月16日、フライトスクール「順風飛行倶楽部」の軽飛行機が墜落し、乗っていた日本人高校生1人を含む2人が死亡しました。 午後3時23分に通報を受け、着陸場から500~600メートル離れたところで大破した軽飛行機と2人の遺体が発見されました。 国家運輸安全調査委員会が今後、事故原因を調査します。

bottom of page