オーストラリアが低リスク国家に認定、5日間の隔離短縮が可能に

台湾中央流行疫情指揮センターは12月9日、 オーストラリアでの新型コロナの感染拡大が抑制されているとして、 オーストラリア中央流行疫情指揮センターが定める中低リスク国家から低リスク国家に変更する事を発表しました。

今回の変更により、今後オーストラリアから入境するビジネス客は隔離期間を5日にする短縮申請が可能となります。

中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

関連記事

中央流行疫情指揮センター11月は28日、12月1日から屋外でのマスク着用義務を廃止すると発表しました。 ただ、年越しイベントなど人が密集する場所については、、別途検討します。 公共交通機関を含む屋内ではマスクの着用を引き続き求めます。 外出時に飲食する際のほか、運動、カラオケ、写真撮影、講演、講座、温泉、サウナ、水場での活動などでマスクは外すことが認められます。 また、宴席でテーブルを回っての乾杯

中央流行疫情指揮センターは11月28日、新型コロナウイルスの水際対策について、12月10日午前0時から海外からの入境者数の上限を撤廃すると発表しました。 クリスマスや年末年始、旧正月期間で、出入境の需要が増えると見込まれるためです。 現行では、入境者数の上限は1週間当たり15万人で、12月1日から20万人に引き上げられます。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc

中央流行疫情指揮センターは11月23日、12月初めにも、屋外でのマスク着用義務を原則廃止すると述べました。 年越しイベントなど人が密集する場所はマスク着用を検討します。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/