キャピタルホテルタイペイ、営業終了のお知らせ

台北市中山区にあるキャピタルホテルタイペイ(首都大飯店)は10月14日、 11月01日よりホテルの営業を終了する事になりました。

詳しくは下記、ホテルからのお知らせをご確認下さい。

————————————— キャピタルホテルタイペイ/首都大飯店 台北市中山区建国北路二段7号 https://www.capital-hotel.com.tw/ja —————————————

関連記事

衛生福利部疾病管制署は12月1日、新型肺炎防疫措置の罰則規定を発表しました。 対象:旅客も含む台湾にいる全ての市民 期間:2022/12/1から 防疫措置:公共交通機関、船舶、航空機内などの室内空間や場所では、常時マスク着用を義務付ける。 室内でマスク着用が免除されるのは、以下。 一、外出時に飲食する際 二、(一)運動、カラオケなど歌唱、写真撮影。 (二)車の運転時に同乗者がいない、または同居の家

経済日報と南山人寿保険が12月6日に発表した県市別の幸福指数調査で、花蓮県が幸福指数69.30ポイントで、2015年から7年ぶりに1位を占めました。 昨年から12ランク上昇し、最優秀成長賞を受賞しました。 花蓮県は社会的なつながり、環境品質、地方政府の施策、健康、生活の現状、個人安全、健康、6つの項目の満足度が1位でした。

台北101で毎年の大晦日に行われる花火ショーは世界的な年越しイベントとなっており、当日の台北101と周辺高層ビルのレストラン予約状況が好調です。 台北101の85階のイタリアンレストラン「随意鳥地方」の窓際の席はすでに予約がいっぱいです。 台北101のオフィスビル営運長は、新型コロナウイルスの水際対策が緩和され、下半期の飲食部門の売上が上半期より40%増加したと指摘しました。