クルーズ船訪台客、今年は4割増の見込み

クルーズ船訪台客、今年は4割増の見込み

葉匡時交通部長は6月18日に高雄で行われた 「2014アジアクルーズフォーラム」において、 クルーズ船を利用した訪台旅客数が前年比40%増の計76万人に達するとの見通しを発表した。 台湾各地の大型港が、日本や香港、アモイ、上海などと提携意向書を結んだことが主因とされている。

関連記事

台北市の士林官邸公園で行われる毎年恒例の「士林官邸菊展」が、11月25日から12月11日まで開催されます。 今年は20周年を記念して、「秋菊、祝賀、20周年記念日」をテーマとした展示を行います。 また、会期中の休日には、芸術・文化イベントが開催され、士林周辺の商店ではイベントに連動したキャンペーン活動も行われます。

台湾鉄路(台鉄)は、第7回「鉄路弁当節(駅弁フェスティバル)」を台北駅のコンコースで開催します。 期間は11月11日から14日までとなります。 39社が駅弁60種余りを販売し、日本では8つの鉄道会社が参加します。 JR東日本、東部鉄道、近畿日本鉄道、西部鉄道、伊豆箱根鉄道、近江鉄道、しなの鉄道、一畑電気鉄道などの駅弁を販売します。

交通部民用航空局(民航局)は11月7日、桃園国際空港の旅客数が2025年に延べ3900万人と、新型コロナウイルス感染症が流行する前の80%に達すると予想しました。 桃園空港の今年の旅客数は延べ400万人、2023年には2000万人に達する見通しです。