top of page

グランドホテル改装工事再開のお知らせ

この度、グランドホテル(圓山大飯店)の改装工事が再開することに関して連絡が入りましたので、お知らせいたします。一時中止となった本館2~6階客室の工事ですが、11月中旬に再開することになりました。工事の詳細について、新しい情報もらい次第、お知らせいたします。

工事期間:2014年11月中旬 ~ 2015年4月(予定)。

■工事範囲:本館2~6階客室。

※工事期間中におきましてもホテルは通常どおり営業を行います。

※工事期間内において若干騒音・臭いの発生する場合があります。

※工事日程はあくまでも予定です。状況によっては変更の場合がございます。

関連記事

交通部観光局の統計によると、第1四半期の観光ホテル平均客室単価は4,775台湾元(約2万1,600円)で、昨年同期の平均客室単価4,232台湾元より12.83%増加しました。 観光ホテル117軒を含む3,442軒のホテル及び旅館の第1四半期の宿泊者人数は約1,600万人で、昨年同期の1,280万人より320万人増加しており、ホテル市場の回復が窺えます。

ホテル業界の人手不足の解消に向け、交通部、労働部、教育局は補助金支給などの雇用促進策を実施すると5月29日に発表しました。 交通部は、宿泊施設の清掃員や客室係を新規雇用して条件を満たせば1人あたり5,000元(毎月)の補助金を最長で12カ月支給します。労働部は2万人を対象に、公営の就労支援施設を通じて就業した場合に、条件に応じた金額を最長で12カ月支給します。教育部は大学や専門学校などの学生5,0

ホテル運営会社、福泰飯店集団(フォルテ・ホテルグループ)は、2020年に営業を終了した台南市の五つ星ホテル、台南大億麗緻酒店(大億ランディス台南)の建物を、20年賃借する契約を締結しました。 10億台湾元を投じて改装を行い、2025年第1四半期(1~3月) にホテルを新たに開幕する予定です。 JR東日本大飯店台北(ホテルメトロポリタンプレミア台北)に続き、JR東日本グループのホテルも開業への意欲を

最近登録された記事