top of page

サービスロボット「Wifundity」、ホテル6軒で試験運用

大手電子機器受託製造会社、緯創資通(ウィストロン)は10月20日、同社が開発したサービスロボット「Wifundity」の清掃・消毒ロボット、接客ロボット、ルームデリバリーロボットを、来年4月から6つのホテルで順次試験運用すると発表しました。


新型コロナウイルスの出入国規制が大幅に緩和されたことで、深刻な人材不足に直面するホテル業界の支えとなりそうです。


試験導入するホテルは以下となります。

台北六福万怡酒店(コートヤード台北)

台北美侖大飯店(パーク台北ホテル)

福容大飯店淡水漁人碼頭店(フーロンホテル淡水)

新竹安捷国際酒店(AJホテル新竹)

高雄餐旅大学群賢会館(エリートハウス高雄)

日月潭力麗温徳姆温泉酒店(ウィンダム・サンムーンレイク南投)

関連記事

リニューアルの国立歴史博物館、5/17まで入場半額

2018年7月より閉館してリニューアル工事が進められていた国立歴史博物館(台北市中正区)が、約6年の期間を経て工事が完了し、2月21日にリニューアルオープンしました。5月17日までの期間限定で、入場料が定価の半額の40台湾元(約190円)となり、1枚のチケットで同時に隣接する台北当代工芸設計分館も参観できます。 リニューアルオープン初日となる21日、国立歴史博物館のオリジナルキャラクター「酷獣」が

リージェント台北、設備メンテナンスのお知らせ

リージェント台北(台北晶華酒店)ですが、 設備定期メンテナンスに伴い、下記期間中ご利用いただくことができません。 期間:2024/3/26(火)  全日 範囲:B3 ヘルスクラブ(ジム、サウナ) ※メンテナンス期間中、ホテルは通常通り営業となります。 ※日程はあくまでも予定です。状況によっては変更の場合がございます。 ===================== リージェント台北/台北晶華酒店 ht

九族文化村、桜をテーマに台日交流

今年で24年目に突入した「九族桜花祭」を開催する南投県の九族文化村で2月17日、今年2月に日本さくらの会より「第30代日本さくらの女王」に選ばれた杉浦美桜里さんを招待しての台日桜文化交流のイベントが開催されました。また、九族文化村と日月潭を結ぶロープウェイで床が透明なゴンドラ24台にラッピングを施して「桜花女王号」と命名し、イベントでは命名セレモニーがおこなわれました。

bottom of page