top of page

シャングリラ台北 ビジネス機能強化への改装完了

シャングリラ ファー イースタン プラザ(香格里拉台北遠東国際大飯店)はビジネス客の受け入れ強化のため、約15億元を投じて進めていた客室改装工事が完了いたしました。客室改装を実施したのは、総客室420室のうち、9~23階の客室約240室です。

今回の客室リニューアルでは、客室の内装を全面的に改装するとともに、より台北101や敦南並木通りの景観を楽しみ、寛いでいただける空間となりました。また、外資企業による機密性の高い商談や打ち合わせなどに使われるミーティングルームのニーズが増えてきたことにより、100室以上の客室が短時間で小型会議室に変更できるように改装しました。さらにパソコンと客室のテレビを繋ぐことができ、全客室がWi-Fiを無料で利用できるようにするなど、ビジネス機能を充実させています。

残る客室やロビーについても5月に順次改装を進め、来年初めに終了する予定です。第一段階の改装はすでに3月末に終え、平均客室単価は今年8,000元で、来年第二段階の改装工事が終わるのに合わせ、1万元に引き上げるのは目標です。

関連記事

観光客だけでなく、地元の人でもよく利用されるクォート台北(闊旅館)ですが、建物賃貸契約終了のため、2023年1月31日より営業終了いたします。 新しい情報が入手でき次第、また更新します。 最終営業日:2023年1月31日 ==================== ホテル クォート台北/闊旅館 https://www.hotel-quote.com/tw/ 台北市松山区南京東路三段333号 ====

郷林建設事業は1月11日、今年は高級リゾートホテルである涵碧楼(ザ・ラルー)の台湾2軒目を計画しており、雲林県古坑郷に建設される可能性が最も高いことを明らかにしました。 早ければ2024年に着工し、5年以内に完成することを目指します。 敷地面積は3000~4000坪で、投資額は20億台湾元以上を超えるものと予想されます。

行政院環境保護署(環保署)は1月6日、観光ホテルなどの宿泊業に対し、使い捨てアメニティーの提供を段階的に制限する法案を発表しました。 プラスチックごみ削減のためです。 第1段階では7月1日から宿泊客に使い捨てアメニティーを自主的に提供することを禁止します。 第2段階では宿泊料金を5%以上割り下げるか、アメニティー提供を有料化することにします。 違反者には罰金1,200~6,000台湾元のが科されま

bottom of page