top of page

シュランガイド「ビブグルマン2022」発表

レストラン格付けで有名なミシュランガイドのコストパフォーマンスを評価する「ビブグルマン2022」が、8月23日発表されました。


今回から対象地域となった台南市、高雄市からはそれぞれ27店、20店が選出されました。

台北市は、新たに6店含め、計57店が選出されました。


ミシュランガイドの星を獲得したレストランは、30日に発表されます。


ミシュランガイド公式サイト(中国語)

ミシュランガイド台湾公式フェイスブック

関連記事

鼎泰豊が一部メニュー値上げを発表、人件費を考慮

小籠包で有名なレストランの鼎泰豊(ディンタイフォン)が6月12日、一部メニューの値上げを発表しました。平均6%の値上げをおこない、人気メニューの小籠包(10個入り)は250台湾元から30台湾元(約145円)値上がりをして280台湾元(約1,360円)となります。鼎泰豊は値上げの原因について、人手不足による人件費を考慮したと示しており、優質な料理とサービスを引き続き提供する為、賃金や福利厚生に資金を

端午節の「立蛋」、屏東県でスイカ立て挑戦

台湾や香港の風習で、端午節である旧暦5月5日の正午に生卵を地面に立てる「立蛋」という風習があります。今年の旧暦5月5日にあたる6月10日、スイカ苗の産地である屏東県佳冬郷で「立蛋」の卵の代わりにスイカ立てるイベントが4年ぶりに開催され、800個のスイカが車両通行止めされた道路に立てられました。 このスイカを立てる挑戦は2018年に139個から始まり、2019年には520個に拡大、2020年には台北

台南市、札幌市のYOSAKOI祭りでマンゴーをPR

北海道札幌市で6月5日から9日にかけての5日間「YOSAKOIソーラン祭り」が開催され、台南市がブースを出店、台南応用科技大学ダンス学科のチームがパフォーマンスに参加しました。33回目となる今回のイベントには、250以上のチーム、約2万人の踊り手が参加し、大賞のチームには台南市からマンゴー1年分が贈られました。 6月8日には台南市の黄偉哲市長も会場に訪れ、台南産マンゴーをPRしました。ブースではマ

Comments


bottom of page