top of page

シンガポール、台湾にトラベルバブル実施を提案

シンガポールの交通省は4月26日、 台湾に対し、新型コロナウィルス感染症対策を講じた上で双方の旅行客が往来時の隔離期間を免除する「トラベルバブル」の実施を提案したと発表しました。

台湾外交部の欧 江安報道官は、入境規制の緩和と往来再開などについて、数回意見交換を行ったことを認め、まだ具体的な構想は決まっていないと説明しました。

関連記事

全聯モバイル決済アプリ「全支付」、国外利用が成長

今年2月末より日本での利用が可能になった全聯福利中心(PXマート)のモバイル決済アプリ「全支付(PXペイプラス)」は、現在日本の100万店を超える店舗での利用が可能です。決済金額は高い方から、家電販売、百貨店、ドラッグストア、高級ブランドショップの順でした。全支付の游金榮総経理によると、全支付の国外利用は74%がショッピング、15%が飲食。5月の決済額は前月の2倍と、ここ数カ月の月間の決済量は顕著

外国人人材の雇用法改正案、デジタルノマド向けビザ導入

国家発展委員会(国発会)の劉鏡清主任委員が7月18日、9月の立法委員で提出される「外国専業人才招聘雇用法(外国専門人材誘致および雇用法)」改正案について、デジタル技術を使用してリモートで働く「デジタルノマド」向けのビザ導入の計画を明らかにしました。現状、台湾に滞在するデジタルノマドはノービザや観光ビザを利用しており最長3ヶ月の滞在でしたが、デジタルノマドビザでは6カ月の滞在が認められる見込みです。

台湾伊藤忠、台南市が推進のスマートシティプロジェクトに参画

伊藤忠商事の現地法人である台湾伊藤忠が7月16日、台南市政府経済発展局が推進する沙崙地区のスマートシティ化とグリーンエネルギー技術の活用の為の「113年沙崙智慧緑能科学城全区規画整合委託服務案(2024年沙崙スマートシティにおける統合開発案件)」を受注し、プロジェクトオーナーとしての参画を発表しました。プロジェクトでは、 智邦科技(アクトン・テクノロジー)、工業技術研究院(工研院、ITRI)、国立

Comments


bottom of page