top of page

シーザーパーク、BOT事業に相次ぎ参入

シーザーパーク、BOT事業に相次ぎ参入

凱撒大飯店(シーザーパーク・ホテル)は、BOT(建設・運営・譲渡)方式やOT(運営・譲渡)方式の複数の開発計画に相次いで参入する。 4年後には客室数を台北一円で3,000室以上、台湾全土で3,500室以上に拡充し、台湾ホテル業界で首位を目指す。 シーザーパークは既存の台北、台南、墾丁店舗に加え、新北市の新板橋駅特定専用区(新板特区)と台湾鉄路(台鉄)万華駅(台北市)でBOT事業に、南港展覧館(台北市)ではOT事業にそれぞれ参入している。新板特区では、国際観光ホテル(800室)、一般ホテル(337室)を建設中で、いずれも2016年の開業を見込む。 万華駅では、早ければ6月にも着工を見込む。国際観光ホテル(758室)を建設し、16年の開業を予定している。このほか、南港展覧館には一般観光ホテル(650室)を18年に開業予定だ。

関連記事

グリーンワールド新仕界、改装工事再延期のお知らせ

4/1からおこなわれているグリーンワールド新仕界(洛碁大飯店新仕界)の改装工事ですが、ホテルの都合により延期する事になりました。新たな情報が入り次第、またお知らせいたします。 変更前:2024/4/1 ~ 2024/7/31 変更後:2024/4/1 ~ 2024/8/31(予定) 時間:毎日08:00~18:00 範囲:ロビー、客室2~6階、8階、9階 内容:壁紙と絨毯の張替え ※期間中、通常通

ホテル ロイヤル ニッコー タイペイ、レストラン改装工事のお知らせ

ホテル ロイヤル ニッコー タイペイ(台北老爺大酒店)ですが、下記期間中にレストランの改装工事が行われます。 期間:2024/08/05~2024/09/06 時間:毎日08:30~17:30 範囲:三階レストラン 広東料理[明宮] ※工事期間中、ホテルは通常通り運営します。 ※工事対象外の客室、ロビーなどの公共エリア、レストラン、宴会場及び会議室には影響なく通常通りご利用いただけます。 ※期間内

リージェント台北、平均客室単価が前年比10%上昇

晶華国際酒店(シルクスホテルグループ)が7月17日に業績説明会を開催し、台北晶華酒店(リージェント台北、台北市中山区)の今年上半期の客室稼働率は75.26%、平均客室単価は5,800台湾元(約2万7,800円)で前年同期比10.18%上昇したと発表しました。コロナ期間で台北市内の観光ホテルの客室数が21%減少、アフターコロナで旅客数が回復してホテルの需要が増加しており、客室単価の上昇が続く見通しと

Comments


bottom of page