top of page

シーザーパーク、BOT事業に相次ぎ参入

シーザーパーク、BOT事業に相次ぎ参入

凱撒大飯店(シーザーパーク・ホテル)は、BOT(建設・運営・譲渡)方式やOT(運営・譲渡)方式の複数の開発計画に相次いで参入する。 4年後には客室数を台北一円で3,000室以上、台湾全土で3,500室以上に拡充し、台湾ホテル業界で首位を目指す。 シーザーパークは既存の台北、台南、墾丁店舗に加え、新北市の新板橋駅特定専用区(新板特区)と台湾鉄路(台鉄)万華駅(台北市)でBOT事業に、南港展覧館(台北市)ではOT事業にそれぞれ参入している。新板特区では、国際観光ホテル(800室)、一般ホテル(337室)を建設中で、いずれも2016年の開業を見込む。 万華駅では、早ければ6月にも着工を見込む。国際観光ホテル(758室)を建設し、16年の開業を予定している。このほか、南港展覧館には一般観光ホテル(650室)を18年に開業予定だ。

関連記事

麗宝集団傘下の福容大飯店 (フーロンホテル)は2月3日、今後6年間で100億台湾元以上を投じてホテル8軒を開業する計画だと発表しました。 4~6月に高雄市前金区と南投県水里郷、7~12月に嘉義、来年から5年で台北市のMRT円山駅そば、南投県埔里鎮、屏東県東港鎮、台東県成功鎮、澎湖県馬公市、現在の15軒から23軒に増えると明らかにしました。

観光客だけでなく、地元の人でもよく利用されるクォート台北(闊旅館)ですが、建物賃貸契約終了のため、2023年1月31日より営業終了いたします。 新しい情報が入手でき次第、また更新します。 最終営業日:2023年1月31日 ==================== ホテル クォート台北/闊旅館 https://www.hotel-quote.com/tw/ 台北市松山区南京東路三段333号 ====

郷林建設事業は1月11日、今年は高級リゾートホテルである涵碧楼(ザ・ラルー)の台湾2軒目を計画しており、雲林県古坑郷に建設される可能性が最も高いことを明らかにしました。 早ければ2024年に着工し、5年以内に完成することを目指します。 敷地面積は3000~4000坪で、投資額は20億台湾元以上を超えるものと予想されます。

bottom of page