top of page

スターラックス、初の通年黒字を発表

航空会社の星宇航空(スターラックスエアラインズ)が3月25日、2023年の売上高を発表し、純利益が1億4,900万台湾元で初の通年黒字となったと発表しました。2023年の売上高は224億7,200万台湾元で前年比568%の増加、このうち旅客運送の売上高は197億4,700万台湾元で前年比767%増加、貨物運送の売上高は15億9,500万台湾元で前年比74%増加となりました。


アフターコロナでの旅客増加、北米を含む新規8路線の就航などが売り上げ増加の主な要因として挙げられています。スターラックスエアラインズは現在、桃園空港発着23路線、台中空港発着2路線の合計25路線を運航しています。

関連記事

台北MRT、長野県の交通会社2社と友好協定

台北MRTを運営する台北大衆捷運股份有限公司、日本のアルピコ交通(長野県松本市)、長野電鉄(長野県長野市)の3社が6月14日、友好協定を締結しました。アルピコ交通と長野電鉄は友好協定の締結を記念して6月13日より記念1日チケットを発売、今後は駅や車内に記念ポスターの掲示やPR動画の放映をおこなう予定です。 アルピコ交通は1920年に成立、バスなどの運営がメインで、有名観光地の上高地での主要な交通手

エアアジア、台北-那覇線と高雄-成田線が運航開始

格安航空会社タイ・エアアジアの台北(桃園)-沖縄(那覇)線が6月15日に、高雄-東京(成田)線が16日に運航開始しました。タイ・エアアジアの発表によると6月の平均搭乗率は台北-沖縄線で98%、高雄-成田線で80%に達する見込みです。 またエアアジアXが、8月1日より台北(桃園)-大阪線を就航すると発表しました。運航スケジュールは台北を午後3時50分発で大阪に午後7時30分着、大阪を午後10時25分

スターラックス航空、老舗すき焼き店コラボ機内食を提供

スターラックス航空が6月17日、東京の老舗すき焼き店「人形町今半」とのコラボレーション機内食「黒毛和牛すき焼き」を、7月1日より東京発のビジネスクラス、ファーストクラスで提供すると発表しました。事前予約が必要な限定メニューとして提供されます。 人形町今半は1895年に開業した100年以上続く老舗のすき焼き店です。コラボ機内食の前菜は人形町今半本店の料理長が考案、メインには厳選した黒毛和牛と高級食材

Comentários


bottom of page